お肌のスキンケア」カテゴリーアーカイブ

オールインワンゲルでべたつかないのがいい

冬になると肌が乾燥するのは自然なことなのかもしれないけど、昨年よりさらに乾燥が酷い気がする。顔も体も同様にです。
ですのでオールインワゲルで手軽にケアしたいのですが、どうもベタベタするイメージがあるので、べたつかないのを探しています。
美白が目的ならば美白効果が高いものを選んだほうが良いですし、毛穴トラブルに悩みがある人は毛穴ケアができるものを選んでいきましょう。
洗浄力の強い洗顔料ですとお肌に必要な油分まで奪ってしまいます。すでに900万本売れているので、信頼性も非常に高いです。検査結果は複合型のアレルギー性皮膚炎でした。この時、化粧品や美容液など何アイテムも肌に塗ることはそれだけ摩擦を増やすことに繋がります。
洗顔の際は、汚れを落としすぎる石けんや洗顔クリームは使わずに、適度な潤いを残す洗顔料を選びましょう。肌が乾燥している場合は、顔の洗いすぎに注意する事が、乾燥肌改善には大事です。歯槽膿漏や歯肉炎の場合も歯科医に行くことをオススメします。季節によって基礎化粧品を変えてきたという方も、これなら安心です。
若い頃の肌は、水分も弾いてしまうほど肌が潤った状態でした。若い時には何もしなくても乾燥とは無縁だったことがやはり年齢を重ねるにつれて保湿成分が減少してしまうのできちんとしたシワ対策ケアを日ごろから心がけていたいものです。
化粧品のトライアルセットを使うと自分の肌に合った形がわかり、どんな物を使い続ければ若くて美しい肌を保てるかが自然に理解できてきます。
健康志向の人ならば、ぜひ体内の中に取り入れたい食品でもある魚のなかにも含まれています。洗顔時も同様であり、肌をこすらないように洗うことが大切です。吹き出物を恐れて化粧水と乳液で終わりにすると何だか物足りない気がします。

スキンケアならピーリングとかセラミド美容液がお気に入りです。酵素ドリンクならベジライフがまだまだ人気なのかな。

セラミドで保湿もいいかな

同じ失敗はいやですしね。そしてその結果、肌が傷んだり老化を促進してしまったりすると何かで聞きかじり(セラミド補給しなきゃ!)。夏になると、汗をかくことも増えますし、体臭のケアもしておきたいと思ってたところ、昨日チラシで柿渋エキスとかが入った石鹸のがありました。また肌の状態が特別乾燥している時などはいつもより少し多めに使用する、などの調整も良いだろう。これまた全く違うアプローチでアンチエイジングするものだった。我が家では普段の味噌汁にも入れると体が芯から温まる。中にはコットンのフェイスパックをした上にラップパックをする、というのもあったけど、とりあえずシミ部分を中心にラップパックしてみた。むくみやイライラの原因となっているのもこの黄体ホルモンだという。若い女の子はつけまつげの長さを競ってメイクに余念が無い時代。これらは全てダイエットにとっても健康にとっても良くない習慣である。毎日のスキンケア、年齢を重ねるごとに適当になっていく。
シミを作らないためにも日焼け止めをきちんと塗りたいところですが、それもできてない。かなり適当になってるので、塗っててもちゃんと効果が出てるのか心配です。心配ならきちんと塗ればいいと思うかもしれませんが、それができない性格でして。
酵素とお肌のこと
お肌って内側からも外側からもケアすればさらに良くなるのかなって思うんです。酵素もちゃんと飲んで、美白化粧品もきちんと使ってがんばりたいところです。

酵素とお肌のこと

ダイエットが今年も順調とはいえない現状ですが、毎年のことなので、諦めかけてる部分もありますが、酵素ダイエットはなんとかうまくいくことを願っています。まあ自分自身次第なんでしょけどね。今日はお肌のことでも書こうと思う。詳しいことは知らないけど、なんとなく思い出してみようと思う。
薄いペラもん1枚に見える私達の皮膚も、実は表皮・真皮・皮下組織の3つで構成されていると言うコトを、どれくらいの人が知っているだろうか。そして表皮も一番表面から角層・表皮細胞・基底層・基底膜など順番にそれぞれ重要な役割を担い、常に肌表面を良い状態に保つべく働きをしていることを。また表皮の下に位置する真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで構成されているというのだ。各言う私自身もそこまで詳しくは知らなかったし、知ろうともしなかった(^^;しかし、美しい肌を作るためにはまず肌の仕組みを知ることから始めなければ!と言うコトで、今回初めて知った事実なのだ。この「真皮」は水分を除くと約7割がコラーゲンという線維で出来ているらしい。そしてそのコラーゲンをジョイントしているのがエラスチンというもう一つの線維であり、更にコラーゲンとエラスチンの骨組みの間を埋めているのがヒアルロン酸などのゼリー状の物質になるという。何となくそれらが配合されているとうたわれている化粧品などは、肌に潤いをもたらしてくれるようなイメージがあったが、実際に真皮を構成している大事な成分だったんだ、と今知った。そしてココからが本当の大事な事実。真皮を構成しているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分を生み出しているのが「線維芽細胞」というものであり、この線維芽細胞は肌のハリや弾力をつかさどるものであり、シワやたるみ予防のカギにもなる成分らしい。はい、ここ重要!線維芽細胞が活発に働いている肌は、肌内部からハリや弾力が感じられるが、紫外線や加齢の影響で線維芽細胞の数が減少したり働きが衰えると、コラーゲンやエラスチンなどが生み出されなくなり、真皮は古くなったゴムのごとく弾力を失い、表皮を支えきれなくなる。つまりこの状態がシワやたるみという現象として、悲しく我々の眼に映るのだ(T△T
昔あれこれ調べてたことなので、今はこういった情報が古いものかもしれないのですが、まあ気分転換にということなので、間違ってたらすいません。
さて美容の話題となるとよく出てくるピーリングのことですが、それがニキビやシミにも効果があるなんていわれています。どれほどかは分かりませんが、ターンオーバーのことを考えるとしてみる価値はあるのかなと思います。
ニキビケアの基本はやっぱり洗顔なのかな。洗い過ぎないのも大事らしいです。
一つはやっぱりピーリングジェルとかかなと。合ってないと意味がないというか逆効果になる可能性もありますが。
余裕をもって予防したいシミのことですね。